196_9606_1.jpg長い曇天のトンネルからやっと抜け出し、気持ちのよい青空が広がっています。
鎌倉から来ている友人が
「私は晴れ女だから、大丈夫」
と言っていましたが、本当にその通りになりました。
友人が来た昨日から、青空いい天気暖か!
契約果樹園へ花の様子を見に行きました。
スモモの花が満開でした。
なんともいえない可愛い花がいっぱい咲いています。
「今年もおいしい実がいっぱいなりそう」
と、期待しています。
196_9613_1.jpg
夕方、暖かく気持ちがよいので、夕焼けを見にドライブしました。
藻琴山の麓で牧草地に夕日が当たり、緑の色が輝いていました。
その向こうに網走湖もかすかに見えます。

196_9615_1.jpg
斜里岳、オホーツク海、その向こうの知床半島が淡い色に染まっていきます。
広大な自然がたそがれていく様は、大昔の人も同じ風景を見たのだろうなあと、ロマンを感じさせてくれます。

196_9618_1.jpg

もう少し夕日を追いかけようと、西へ西へと車を走らせました。
夕焼けのビューポイントの福富地区で沈む夕日に間に合いました。
心地よい夕暮れ時でした。

アスパラの煮物

白い花 清楚に咲いて

comment iconコメント ( -4 )

いやはや・・・
北海道のショットには、かないませんわよん^^;
素敵すぎます^^

ゆいさんの所ってなんかホッとします。
なんでかなあ~
ヨピさんのところでは、いつもバトルってるんですけどね^^;
いやいや、ヨピさんのところもホッとひと息♪できます。
ゆいさんも、ヨピさんも、私にとって素敵な先輩です!^^

名前: みや [Edit] 2007-06-06 00:43

スモモの花、青空に映えて可愛いですね。

薄ピンクから、次第に情熱の赤に染まり、
沈んで行く夕日。
この光景をリアルタイムで見られたら
みやさんに鬼だといわれたヨピも、
ジンワリ涙が出てきそうです。

名前: ヨピ [Edit] 2007-06-06 21:17

鬼の目にも涙。。。

いやいや、本当に涙がでそうな夕日ですね。
ヨピさんやみやは、何を思って夕日をみるのでしょう?
ゆいさんは?

名前: みや [Edit] 2007-06-06 23:27

ヨピさん、みやさん、
こんにちは
ちょっと忙しくしていました。

大地から山々の峰が続き、そこへ沈む夕日は、やはり壮大です。
こんな夕日を見るときは、
自分の人生の最後もこうありたいなんて思っちゃいますよ。
輝きながら終末をむかえられるように
今を生きいきと生きていきたいと思うので~す。
ちょっぴり哲学的?
毎日、やりたいことをやっているだけなのですが。
十分働いてきたから、ね。

名前: ゆい [Edit] 2007-06-07 09:49

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。