なぜか珍しく早朝に目が覚めました。
本当に久しぶりの雲ひとつない青空!
そよとも吹かない風
藻琴山の頂上もくっきりと見えています。

こんな日はめったにない!
夏が来ないかと思っていたのに嬉しい!

「行こう、カヤックに乗ろう」

コーヒーにおやつ、果物をいそいそと用意し、5時半に出発。
ああ、久しぶりのカヤック、湖がきれいだろうな、鏡のような湖面を思い出して気がはやります。

ところが藻琴山の峠を越えるとその先は一面の濃いガスです。
IMG_0086.jpg
ガスの中をしばらく走ったものの、まったく何も見えない状態です。
Uターンして峠の展望台へ行ってみました。

右手は阿寒から
IMG_0093.jpg

中央の摩周岳を上り
IMG_0094.jpg

左手の斜里岳の麓を縫って 海霧がゆっくりとオホーツク海へと流れ込んでいます。
IMG_0084.jpg

このガスは太平洋に面した釧路の海で発生して、はるばる押し寄せています。


TVの特集で見ましたが、この霧が摩周岳の急斜面を登り、湖面に向かって流れ落ちる霧の滝、その現象が、まさにおきているようです。
写真中央の山が摩周岳で、中腹にガスが見えています。
IMG_0097.jpg

カヤックはあきらめました。
釧路沖から押し寄せた海霧の広大な姿を初めて見て
自然のスケールの大きさにただただ吃驚でした。

お神楽

太陽がを見ていない・・・

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。