友人は晴れ女のようです。
目が覚めたらピッカピカの晴天です。
もうこれは知床でしょう!

いつもの知床見学のルートでなく、まずはカムイワッカ湯の滝を目指しました。

7年も前になりますが一度行ったことがあります。
その後、道路ががけ崩れで閉鎖になったり、世界遺産登録で車が入れなくなったり、夏場は私が忙しかったりと、チャンスがなかなかありませんでした。
ラッキーなことに6月1日から湯の滝への道路が開通したのです。
友人はついています。

知床五湖へ入る分岐点で直進し、砂利道を走ります。
知床大橋の手前に湯の滝が流れ落ちています。
これが車を止めた橋の手前からみたカムイワッカ湯の滝です。

IMG_4020_1.jpg

何故湯の滝か、この流れが湯なのです。
良い天気と言っても北海道の水は冷たい!
でも、湯が流れ落ちているため、気持ちよい水温です。
IMG_4019_1.jpg

夏場になれば、足湯に丁度よい温度です。
さらに上流まで行きたいところですが、岩石落下のためこの先進入禁止となっていました。
ここまででも新緑と湯の流れとを、まあ満喫。
IMG_4014_1.jpg

知床五湖は今年から世界遺産を守るために 見学の仕方が変わりました。
湖にそって見学するには事前に申し込み、有料でレクチャーをうけ、ガイド付きでまわることになりました。
ヒグマのよく出る時期と、植生を守る時期です。
晩秋は自由にまわれます。

ただ、木道を歩くコースは 安全が守られているため、いつでも自由に入れます。
私のような無計画な人には 木道ルートがあると言う訳です。
まだ残雪が多い連山をうつした第一湖。
IMG_4023_1.jpg

晴れ女の友人のお陰で、暑いほどの晴天に恵まれ、私も楽しんできました。

鎌倉の友人と 3

鎌倉の友人と 1

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。