福島原発1号機、一段と難しい局面になっているようです。

想定できない災害の時には グレーゾーンは危険と判断しなくてはいけない。
そういう人がいます。
今、テレビでは政府も東電も保安院も原子力安全委員会も
グレーゾーンは安全だと、国民に対処しているように見えます。

私は???です。

1ミリシーベルトの放射能を1年間で浴びると 10000人に一人、癌が発症すると言われています。
これが世界基準です。
10ミリシーベルトでは1000人に一人。
それを、今、児童の基準を20ミリシーベルトに上げました。
500人に一人の割合です。
それをもって、厳しい基準にしたという報道には、納得できません。

こんな講演を見つけました。

小出裕章さん『隠される原子力』
大切な人に伝えて下さい

IMG_0027_1.jpg

1号機が上手く冷却し続けられますように。
強く強く願っています。

そんな折、今日、また余震で50分発電機が止まって、冷却がストップしたとか。
もう勘弁して・・・・・、どうか、どうか納まって!

タイトルなし

届きました

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。