190_9053_1.jpg軽く積もった雪が融けたあと、雲間から太陽がぱっと出ると、
一面の陽炎が立ち込めました。
村中の畑から。
どこもいつもと違う優しい雰囲気に包まれます。
自然を肌で感じます。



長いも畑以外はまだ乾燥していないのでトラクターが入れません。
陽炎が見えなくなったら、春の耕作です。


190_9057_1.jpg ではもう一度ご覧下さい。2階の窓から写した写真です。真ん中にたっている大きな木は、ハルニレの木です。アカダモとも呼んでいます。以前ここに屋敷があり何年か前に亡くなった方が、
「あの木は切らないで残してくれ」
と、遺言を残されたそうです。
悠々と見えるハルニレの木、季節の移ろいを見せてくれます。

青空高く

だいじょうぶかな?

comment iconコメント ( -2 )

見入ってしまいました。

わ~~きれい!幻想的ですねぇ~☆
何度も写真を見比べてしまいました。
真ん中でどっしり根を張ったハルニレの木、
この地の象徴になりそうですね。
いつも素敵な写真に感動しています。

名前: ヨピ [Edit] 2007-04-17 21:02

きれいでしょう

私も初めてこの様子を見たときには、何だ、なんだと騒ぎました。今でも自然ってすごいと思います。
ほんの一瞬ですが、時折こうしてびっくりさせてくれます。

名前: ゆい [Edit] 2007-04-17 21:15

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。