オホーツクの村祭りです。
昨年は娘の結婚式と重なり、参加できませんでした。
今年は10月10日11日、チーズフェスタと重なりましたが、夜の部参加です。

台風が吹き荒れた日、山は初雪だったようです。
左の斜里岳、右の知床連山も初冠雪しています。
先週、紅葉を見に行っていてよかったです。台風ですっかり傷めつけられたでしょう。
そろそろ冬ですね。
IMG_7225_1.jpgIMG_7226_2.jpg

久しぶり!の挨拶をあちらこちらから頂きます。朝から参加の皆さんは、もうすっかり良い気分です。
とても寒いのですが、中から温まっていて、寒さも何のその。
私は運転手ですし、飲めませんから寒いこと寒いこと。
トマトチャンチャン焼きで暖をとります。
脂ののった銀鮭を惜しみなくジュッと焼きます。
たまらない匂いです。
ゆいの民宿でこの季節にお出しするトマトチャンチャンは、ここで教わったものです。
IMG_7231_5.jpg

本日のメイン。
恒例枝幸の北隆丸の藤本さんが選りすぐって持ってきてくれました。
左はブリ そして、なんと言っても右のキングサーモン。
オホーツクの村まつり参加の前に、滅多に網にかからない
キングサーモンの大物が入ったそうです。
こんなに大きなものは初めてだそうです。
IMG_7229_4.jpgIMG_7228_3.jpg

「重い」
それもそのはず、13kgもあります。
やっと持ち上げるほどのサーモンですが、藤本さんは片手で軽々とまな板にのせます。
さすが網元の跡とり!
魚を捌く手つきに見惚れます。
藤本さんのお父さんは 社長自ら鮭を捌いているそうです。
北隆丸自社ブランドを広く販売していますし、羽田で空弁も販売。
直々の捌きを楽しめるのですから、たまりません。
IMG_7240_8.jpgIMG_7246_9.jpg

キングサーモンの刺身とステーキと。
脂がのってとろけるようでした。
帰り際にいただいたサーモンとブリのシャブシャブ、
刺身も良いですが、これは一段と旨味が出ていました。
IMG_7252_11.jpgIMG_7251_10.jpg

食べてばかりの祭りのようですが、
「その通りだ。飲んで食べてそれで良いのだ」
だそうです。
もちろん、真面目な活動も日中やっています。

北隆丸の藤本さん。逞しく優しい海の男です。
IMG_7254_12.jpg

キタキツネ物語や子ぎつねへレンで御存知竹田津さん。
隣は前村長の原田さん。
いいコンビです。
竹田津さんに撮影とブログ掲載の許可をいただいたら
「条件がある。いい男に撮ってくれ」

これでどうでしょう?
IMG_7233_7.jpg
「2011年はオホーツクの村30周年、
 しっかりとした記念行事をやるので、そのこともブログに紹介して欲しい。」
との、ことでした。

オホーツクの村についてはこちらをご覧くださいませ。

ナイスビュー!

晴天なり

comment iconコメント ( -3 )

ゆいさん、こんばんは♪

すご~い!!大きなキングサーモンですね。
これを目の前で捌いて、お刺身にステーキですか・・・。
さすがオホーツク、ダイナミックですね。
私もその場に居たかったです・・・☆
原田さんに竹田津さん、男前ですね~。
かっこよく写っています♪♪
「次回はよろしくお願いしますm(__)m」
とお伝えくださいね(^o^)/

名前: ☆kiki☆ [Edit] 2009-10-17 00:54

ゆいさん、つけたしです。

肝心な事を・・・。
北隆丸の藤本さんの手捌きも素晴らしいです。
サーモンの大きな切り身が素敵です♪♪

名前: ☆kiki☆ [Edit] 2009-10-17 01:00

Re: タイトルなし

kikiさん

30周年の時にはぜひ、村民になってお出かけください!
いつ始まったか、いつ終わったか分からないような村祭りですが
そのいい加減さがなんともいいのです。

毎回とおくから新鮮な魚介を持ってきてくれる藤本さん、
竹田津さんの大ファンです。

誰もが誰かにほれ込んで集っているようです。
それがいいのですね。
待ってますね。

名前: ゆいのかぜ [Edit] 2009-10-17 23:10

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。