188_8827_1.jpg

2月に徳島で作陶した作品が焼きあがって来ました。
1ヶ月楽しんだ作品です。
一つ一つ丁寧に梱包されたのをあけるのももどかしく、
取り出しました。

今回は使えるものを作ろうという目標でしたので、
コーヒーカップ、皿、湯のみ等をメインに作りました。
大谷焼の土は鉄分を多く含んでいるので、茶色く焼けます。
白化粧をし、還元で焼くと、趣のある風合いに焼きあがります。
無理を言って還元で焼いてもらいました。
このカップのような色合いになり、とてもお気に入りです。


188_8863_1.jpg

先生が展覧会のための作品を穴窯で焼くというので、
花瓶をロクロで挽いて一緒に焼いていただきました。
自然釉の素敵な焼成で、つたない作品ですが立派にみえます。
感激の一言です。

もう少ししたら作品をまとめてご紹介します。

春の味

キタキツネ

comment iconコメント ( -0 )

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。