今日は朝から気温が上がり 30℃を軽く越えました。
その中を蕗採りに出発です。
友人のK氏夫妻私たち二人そして山菜採りの先生、軽トラック3台です。

車は夫の実家がある地域の奥を更に進み、谷に向って下ります。
藻琴川の支流に沿って、山奥へ、奥へと走ります。
熊も出そうなほどの山深い沢沿いに車を留めて 藪の中へ分け入ります。
IMG_2124_1.jpg
50年も前には そんな奥地にも開拓の人たちが住んでいたそうです。
よく見ると、多少ゆるやかになった斜面に落葉樹が茂っています。
原生林の中を開拓した後、離農した土地に植えた樹だということです。
IMG_2127_2.jpg
小さな沢が見えてきました。
夫が懐かしそうに 話します。
「この川で子どもの頃に良く遊んだんだ。
 泳ぎを覚えたのもこの川だ。
 せき止めて岩魚を釣ったりしたんだ」
今はもう少し下流に砂防ダムが出来ているため、
流れが変わりとても遊べないとの事でした。
IMG_2135_4.jpg
さて、目的は蕗採りです。
隊長の説明を聞き、作業にかかります。
茎を良く見て透き通ったように青いのがいいこと。
鎌で切ってみて シャッと水が出るのが良いこと。
更に、茎の中を見て虫がいないか確認すること。
そう大きな蕗は採りませんでしたが こんな大きなのもあります。
IMG_2141_3.jpg
汗まみれになりながら 欲張ってたくさんとってきました。

午後は隊長宅で蕗を茹でます。
IMG_2143_1.jpg
隊長が自分で作ったと言う東屋に薪ストーブと大きな釜がありました。
薪で湯を沸かして、待っていてくれました。
昔の学校で使っていた薪ストーブだそうです。
茹で具合の研修です。良い具合に茹で上がったのを水にさらします。
細い蕗はおひたし等にして食べることにし、太い蕗を塩漬けにします。
その塩加減が分からないのです。
そこへ奥様が登場!
「蕗を並べて 初雪が降ったくらいに塩をパラパラとかけるといいの」
ふーむ、文学的な表現だなあ・・・。
実際にやってもらって納得しました。
IMG_2145_2.jpg

ほんとに初雪が降ったみたい!と、Kさんと二人で盛り上がりました。
蕗採りでは日に焼け、茹でる時には火に炙られ
すっかり干からびました。

国際的に・・・

NHK教育で

comment iconコメント ( -4 )

ゆいさん、
「初雪が降ったくらいに塩をパラパラと…」この表現に感動しましたよ。なかなかすーっと言えるものではないですよね。山菜採りなつかしいなぁ~。地方ではその家に代々伝わる秘密の場所(山菜などの宝庫)があるといいますよね。我が家にもありました。祖父と父親と兄の4人でこの時期になると出掛けていたものです。そんな昔のことを思い出しました。薪ストーブに釜も立派で、おいしくゆであがりますね、きっと。

名前: くるたん家族 [Edit] 2008-06-19 05:24

くるたん家族さん

私も初雪・・・の言葉に感動しました。
その奥様がおっしゃるには
「私は岩手の出身で、そこの田舎のおばあちゃんに教わった言葉なの。」
との事でした。
この言葉を誰かに伝えたくて、ブログに書きました。くるたん家族さんの目に留まってうれしいです。

それにしてもこの山菜採りの先生、惜しげもなく秘密の場所を教えてくれます。
「一人で行くと熊が怖いから、一緒に行ってくれると心強いよ。」
と、おっしゃっています。
嬉しいことです。

名前: ゆい [Edit] 2008-06-19 23:01

ゆいさん、こんばんは♪

蕗採り楽しそうですね。
それにしても大きい。
食べるのが楽しみですね。

私もそのうち、お休みがたくさん取れるようになったら
連泊して、一緒に「ゆいらいふ」を楽しんでみたいです。

自然いっぱいで、ほんとうにいいですね~♪♪

名前: ☆kiki☆ [Edit] 2008-06-20 00:52

kikiさん

この日のゆいライフ
暑くて参りましたよ~。
地産地消って 大変です。
泥まみれ、汗まみれ。おまけに虫もセットでついてきます・・・。
よろしかったら是非どうぞ!

名前: ゆい [Edit] 2008-06-20 15:26

コメントの投稿






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。