20080203200943


前の職場で一緒だった友人と1年に1度再会しています。
今日は節分ですが、季節はずれの七夕様みたいだと思います。

今日、海の見えるホテルでランチを一緒にとりました。
残念ながら曇り空で、せっかくの広いオーシャンビューがもやっていました。
でも、とても開放的なダイニングでの久しぶりのおしゃべりに、
花が咲きました。
彼女も早めのリタイア組で、郷里に帰っています。

この1年の話題で盛り上がった後は
地方に住むようになって、今までと違うものが見えるようになってきたと、
共通の話題がありました。
それは、こんな素敵な眺めを見ながらですが
地方の経済の疲弊、格差社会の有様など、とても堅い話。

ホテル併設のチャペルで2組の結婚式がありました。
にぎやかな拍手でロビーに出てみると、幸せそうな二人がチャペルから帰ってきたところでした。
まぎれて拍手でお祝いしました。
若い人たちが働いた分、報われるような社会であってほしいと、願いながら・・・。

空港まで送り、来年の再開を約束し別れました。

地産地消

作陶の季節

comment iconコメント ( -6 )

年に一度、同じ時期に決って再会、
本当!七夕様みたい^^
変わらず元気で集えること嬉しいですね。
この年で(笑)、年に一度会えるなら
昨日会ったかのように話がはずむでしょうね^^

関係ないカップルでも結婚式は嬉しいもの。
二人の幸せを祝りたくなります^^
若い人の頑張りがちゃんと報われる社会になってほしいです。

名前: ヨピ [Edit] 2008-02-04 08:02

ゆいさん、こんばんは♪
一年に一度の再会は、とても楽しみですね。この一年間の報告をしてるだけで、あっと言う間に時間がたってしまいますね。

それにしても格差社会の話題は深刻です。
生まれた場所、住んでいる場所によって医療環境も違ってくるし、教育環境も違ってきますよね。法人を収入源としている地方税は大都市の地方自治体ほど豊かですが、いま税金の10%を希望する地方自治体に寄付する制度を検討しているようです。生まれ育った都道府県に自らの意思で税金を納めることができるとすれば、故郷を離れていても生まれ育った自治体のお役にたてるので嬉しいことだと思います。実現するかどうかは?ですが…。

名前: くるたん家族 [Edit] 2008-02-04 22:16

海?海?海のみえるホテルでランチ♪^^
北海道の海はきれいですよね~

>地方に住むようになって、今までと違うものが見えるようになってきた


それは、すごく大事な発見のように思います。地方の経済の疲弊、格差社会の有様などの他にも・・・
今までと違うものって、普段目に入っているものだったりもしませんか?普段見ているものの存在を改めて知ったりとか?なんだか変な事書いてすみません。

名前: みや [Edit] 2008-02-04 23:22

ヨピさん

本当に昨日分かれたかのように
「それでね~」と、話が弾みました。
一緒にいた時よりも離れた今の方が、互いにどうしているかなと、思うようになりましたね。
大切な人は心の中に住んでいるのだなあと・・・。

名前: ゆい [Edit] 2008-02-05 20:01

くるたん家族さん
こんばんは

そのような税制が考えられているのですか~。
地方にいても、どこに住んでいても、
同じ国民として公平な待遇を望みたいと思うのです。
特に医療格差、これから高齢化社会では切実な問題です。
北見の日赤病院で内科医が6人全員辞職するとか。
日赤はオホーツク地方の難病治療の病院です。
患者はどこへ行けばいいのでしょう・・・。

大変なことになりそうです。

名前: ゆい [Edit] 2008-02-05 20:07

みやさん

「今までと違うものって、普段目に入っているものだったりもしませんか?普段見ているものの存在を改めて知ったりとか?」

そう、そのとおりですね。
切実な問題でないと、かかわりを持たないというか、
意識の外にあると言うか、考えないというかですね。
存在が意識を左右するのかなと思いました。

いつもながらみやさんのスパイス、効いてますね!

名前: ゆい [Edit] 2008-02-05 20:11

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。