22日でしたが、
「農的暮らし実践者受入のための地域アドバイザー養成講座」
という長い名前の講座に参加しました。
NPO法人 北海道ふるさと回帰支援センター主催で
道内で4箇所開かれ、大空町での講座でした。

田舎暮らしを体験してみたい、移住も考えてみたいという希望を持った人たちをバックアップしていこう、そのためにはどう進めたらよいのか、これがテーマ。
全国の経験からなにか見えてくるものがあるのではと、期待して出かけました。

私も感じていることですが、
いきなり移住してください、土地の購入も移住が条件ですというスタンスでは
結構ハードルが高いということを強調しておられました。
ここの村でも定住促進住宅地が販売されていましたが、
3年以内に家を建てる、住民票を移すことが条件でした。
知り合いが土地を購入しましたが、結局手放しました。
これが別荘としても使えるというのであれば、また違ったと思います。

短期滞在してもらい、リピーターになってもらう、
それを繰り返すことで、交流が広がり、住んでみようと希望も出てくる、
そんな幅の広い見通して積極的に勧めていかれたらと、思います。

町で取り組むこと、個人で出来ること、共同で進めること、
考えて行きたいと思います。

とにかくとってもいいところなので、移住した私が折り紙をつけてお勧めします!
遊びにいらしてください!

女満別へ

ギターコンサート

comment iconコメント ( -2 )

ゆいさん、こんにちは♪
確かに夢と現実のギャップはありますよね。
厳しい面もしっかり受け止めて、移住することも大切ですよね。
僕なんか、ゆいさんのブログできれいな風景を拝見しただけで、移住したくなりますからね^^きっと失敗してしまいます。

でもゆいさんのところは、本当にいいところですよね。

名前: くるたん家族 [Edit] 2008-01-26 16:40

くるたん家族さん

本当にここは風光明媚なところです。
私は、単純に きれいなところだと気に入って来てしまいました。
子どもが独立し、二人だけの生活だから何とかなる!と。
これから子育てする人には仕事がないので大変だとは思います。
それでも頑張ろうとする人がいるので、応援したくなります。

名前: ゆい [Edit] 2008-01-26 22:46

コメントの投稿






trackback iconトラックバック ( -0 )

Trackback URL:

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。