ゴンと園と一緒に北海道にやってきた僕は月(つき)


桃月園という盆栽をメインとした果樹園があって、僕と園はそこに捨てられていたんだ。
ご主人の友達の果樹園だそうで、ちょうど訪ねてきたご主人が拾ってくれたんだ。
果樹園に桃という猫がいたらしい。
月と園と名前をもらったら、丁度桃月園となったというわけ。

僕は足が悪いので、走れない。
ほとんど寝ている。
でも、食べることは大好き。

そうそう、昨日の夕方は奥さんの実家が賑やかだった。
電話が鳴ったと思ったら
「ああ、産まれたの!おめでとう!」
と、騒いでいる。
あわてて車のエンジンをかけ、出かけたようだ。

夜帰って来たと思ったら、ビールで乾杯していた。
良いことがあったんだニャ・・・。
スポンサーサイト

吾輩はゴン。
四国犬の末裔だとか、いやいや、雑種だとか言われている。
DSC_3645.jpg


もうすぐ出産の奥さんの所へ、御主人と猫の月と一緒に、はるばる東京から飛行機に乗ってやってきた、ワン!

先に来ていた猫の園(その)は すっかり奥さんの実家に慣れて、僕のことなど知らん顔。
あんなに一緒にいたのに。
ほとんど外にいるらしく、お腹がすいたら帰って来て、食べ終わったらまた、飛び出していく。
うらやましい。

みんなが
「おとなしい犬ね~!」
と、なでてくれる。
人に向かって吠えたことは記憶にない。
時々猫の園が猫パンチを鼻面に繰り出してくる。その時にだけ一声吠える。
いたって温厚な犬だと自分でも思っている。

さて、元気な坊やが生まれてくることを願って、一拍子
ワン!

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。