いつもの年なら秋蒔き小麦の畑は 緑を見せているのですが
まだどの畑も雪に覆われています。
でも、雪融けも始まっているし、クレソンやフキノトウは顔を見せているのでは・・・。
スコップを持って 軽トラックで例の場所へ行ってみました。

沢の周りは深い雪ですが、かき分けていってみるとありました!
綺麗な雪解け水の流れにやっと伸び始めたクレソン。
凍って傷んだ葉もありますが、新芽も伸び始めています。
少しだけ貰ってもいいかな。
IMG_1206_2.jpg IMG_1202_1.jpg

川辺の雪融けのところに フキノトウが見えます。
こちらも少しだけ。
もぎとると良い香りが漂います。
IMG_1208_1.jpg IMG_1204_1.jpg

夕飯は もちろんクレソンをふんだんに使った焼肉です。
ジュワッと苦みばしった春一番の味でした。
スポンサーサイト

思い出の春
熱き戦い甲子園

さて、この絵は何でしょう。

IMG_1198_1.jpg


視点をずらすと 出場校の名前が記載されています。
フムフム・・・?
IMG_1197_1.jpg


甲子園土産 瓦煎餅でした。
IMG_1195_1.jpg

はるばる声援に駆けつけた知り合いから頂きました。
関西空港、伊丹空港、神戸空港までの直行便が無い上に、混雑していて
大変なルートで駆けつけています。
女満別空港から名古屋まで飛び、JRで甲子園入りは未だ良いほうです。
女満別から札幌、札幌から名古屋そしてJR。
このお土産も何度も乗り換え 届いたようです。

選手も応援の方々も ご苦労様でした。


PS 鳴門高校は第一回戦突破です。
  随分久しぶりに 校歌を聴きました。なかなか勇ましい校歌です。
  ♪渦巻く黒潮 天地に轟き 
   岩をも砕く 不断の力
   秘めて渚を 寄せ返す
   波に希望の 光をうけて
   豊栄のぼる 朝日影
   我が高校の 健児に輝く
   輝くや我らが 鳴門の健児.

凍った雪道は滑りそうでこわいので 毎日エアロバイクで運動していました。
やっと散歩道の雪が融けました。
暖かそうな陽射しに誘われて久しぶりに散歩に出かけました。

うっ、風は冷たい!
でも陽射しは春めいていて 気持ち良い!

いつもの公園です。
まだまだ雪が深いです。気温が低いの融けないのです。
IMG_1189_1.jpg

町の中のたまった雪を捨てる 雪捨て場です。
あらら、今年はこんなにたまっている・・・。
IMG_1191_1.jpg

東北や北海道の日本海側はこんなものでは無い豪雪です。
どれだけ大変なことでしょうか。

昨日、私が住む町の女満別高校が甲子園に出場しました。
雪のグラウンドでの練習、それは上手く行きません・・・ね。
でも、よく守り よく投げ、頑張っていました。
この放送の時 九州学院のナインが
「女満別は豪雪地帯にあり・・・」
と、言った場面がありました。
いえ、いえ、豪雪ではありません。
ほどほどです。

高校野球といえば 地元が21世紀枠で出場し
私の母校が鳴門高校が選抜で出場。
対戦がぶつかったらどうしようと ちょっとだけ心配しました。

徳島で作った作品の一部を 送っていただきました。

今回のは 早めに作陶した作品です。
素焼きをしてもらった後で、釉薬を自分でかけてきたものです。

前から欲しかった 焼き魚をのせる皿と、
最初の頃に作って重くて湯冷ましにした使えないミルクカップの作り直し。
IMG_1168_1.jpg

ミルクカップはまずまずに色合いでした。
も少し黒が濃く出るかと思っていたのですが、薬のかけ方が短かったようです。
白の角皿、お気に入りの色合いに仕上がりました。
鮭を焼いてのせたら美味しそう!
サラダにもスクランブルエッグにも似合いそう。
黒の角皿。
マットの黒の色合いはバッチリ。
でも模様の白が広がりすぎました。これは釉薬が薄かったのかもしれません。
随分と流れてしまい、ベタッとした模様になってしまいました。
何事も勉強、勉強です。
来年また 作ってみましょう。


還元で焼成していただく作品が届くのが楽しみです。

あのネコの傘立ては どんなに焼きあがるかな!

友人の豆腐作りを手伝いました。

1回の大豆の分量です。
IMG_1147_1.jpg
これを磨り潰します。
IMG_1149_1.jpg
大釜で吹き上がって来るまで 煮ます。
IMG_1153_1.jpg
熱々をこの機械にかけて搾り出します。
IMG_1150_1.jpg
出てきました!
IMG_1155_1.jpg
苦汁を入れて固まってくるのを待ちます。
良い具合になったら 型に入れて押し蓋をして水気を抜きます。
IMG_1158_1.jpg
そっと水に浮かべて・・・・・
IMG_1159_1.jpg
出来上がり!
IMG_1161_1.jpg

一度に30丁出来上がり。それを2ラウンド。
バイタリティーあふれる友人は さらに シフォンケーキを2ラウンドあわせて作ります。
こちらは1ラウンドで10個です。

目、目がまわりそう・・・・・です。

美味しいのを頂いて帰りました
IMG_1164_1.jpg

久しぶりに陶芸室を覗いたら、前に作ったパンダが焼きあがっていました。




白粘土 黒泥 どちらも焼いていない時は色が似ているので
使い方を間違っていないか心配でしたが
無事、色がきれいに出ていました。

可愛く出来たかな?

留守をしている間に ストックしてある粘土が固くなってきていたので
水を含んだタオルで巻いて 養生してきました。

今年は流氷がすごい!


昨日、用があって網走に出かけた夫が
「流氷ががっちり接岸している」
と言うのです。

3月に流氷が残っていることは少ないので、期待していなかったのですが
これは是非見ないとと、3時過ぎに出かけました。

一面の流氷です。
沖から浜までぎっしりです。
IMG_0159_1.jpg

双子岩付近で浜に下りて、流氷ウオークです。
今までこんな冒険は危なくて、出来ませんでした。
IMG_0162_1.jpg

網走漁港です。ここにもプカプカと流れ込んでいました。
IMG_0173_1.jpg

小さな鱒浦港は 流氷で固まっていました。
IMG_0175_1.jpg

オホーツク海の向こうに見える知床半島まで、流氷が埋め尽くしています。
流氷観光船ガリンコ号が流氷を割りながら勇ましく航行していました。
こんな日に乗ったらスリルがあることでしょう。

思いのほか元気になってきた母と別れて、1週間東京にいました。
3月の滞在は ひな祭りのお祝いをしたり、友人を訪ねたり、演劇を見たり・・・・・。
と、思っていました。

ひな祭りのお祝い
IMG_1091_1.jpg

さあ、これから宴もたけなわと言う時に、孫の体調が急変しました。
後から分かったのですが、ウイルス性の胃腸炎。
小さい子が苦しむのは本当に可哀想です。
脱水症状が出て、意識朦朧!
病院に駆け込んだら、低血糖による症状とのことで、痛々しく点滴。
点滴が効いたようで、30分もたつと 痛いだの嫌だの元気に駄々をこね始めました。
嫌だ嫌だと言う元気が出たので ホッとしました。

体力が回復するまで保育園をお休みして、ゆっくりと過ごしました。
予定を全てキャンセルして、保母さんです。

8日には食欲も出てきて、こちらも安心してさようならをしてきました。


白い世界はやはり綺麗です。
寒いけれど、北海道の空気を吸ってのびのびと寛いでいます。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。