長くかかっていましたが やっと、2回目の東海道ウオークが京都に到着しました。

東京に来て出来る事と言えば歩くことです。
せっせと街中、井の頭公園など歩いています。
都会の人は歩くスピードが速いです。
固い道を カッカッカッと 歩きます。
しばらくはついていかれませんでしたが、最近は負けじとスニーカーで歩きます。
結構いい運動です。

ここ2日ばかり雪や雨で出歩けませんでした。
東京も寒いです。
また今夜あたり雪が降りそうです。
早めの散歩にでかけましょう・・・。

今日からまた3回目の東海道ウオーキングをはじめます。
スポンサーサイト

東京に来ています。

とにかく音がにぎやかで、携帯がなったのにも気がつきません。
街には電子音、車の走行音、呼び込みの掛け声・・・・・!
人の多さ、車の多さ以上に 音で疲れます。

住んでいる所では 聞こえないはずの雪が降る音さえ聞こえそうなほど静かです。

家の中では 孫の笑い声 泣き声 ぐずった声 甘えた声でこれまたにぎやかです。
こんなことがありました。

折り紙で紙コップの折り方を 父親が教えていました。
2度教えると、なんとまあ、それなりに形になっています。
どうも、もっと大きいのを折りたかったようで、Å4の紙を取り出して三角を折ろうとしました。
何回も山を合わせるのですが、三角になりません。
    それはそうです。
自信満々だったのに 三角にならない!
出来ない!
出来ない!
どうして出来ないの!
と、パニックです。
長方形と正方形の違いを 教えてあげようとしても 受け付けません。

落ち着いた時に 教えてあげましょうか。

ずっと居座っている寒気団の影響で、毎日
「今日がこの冬一番冷え込むでしょう」
と、最低気温を更新しています。
今朝未明は マイナス18℃程でした。

でも、あまりにも空が蒼いので、藻琴山に登ってみようかなあ~など
無謀なことを思いついた次第です。
コーヒーを入れて、スノーシューと防寒靴を用意して出発。
外気温はマイナス10℃でした。

峠の少し広くなった道路に車を置き、登り始めます。
3台の車が停まっていました。山スキーで登っている人たちもいるようです。
頂上まで行くつもりは無く、8合目あたりに見られるモンスター一帯まで。
夏山でさえ登っていないのですから、本当に久しぶりです。

IMG_0041_1.jpg

今年は雪が深く、モンスター群像が立ち並んでいます。
熊笹やハイマツに降り積もった上を歩きます。
所々スノーシューを履いていても ボコッと沈みます。
なるべく固そうな所を選んで、慎重に。

IMG_0044_1.jpg

モンスター群を過ぎたあたりが 一つのピークです。
ここまでが一番きついのぼりです。
ゆっくり登ったので そう息が切れることも無く、いい天気だし、
頂上まで行かれそうです。

これが第2のピーク
IMG_0057_1.jpg

そして第3のピークへ。
IMG_0060_1_1.jpg

第3のピークの屏風岩に到着
IMG_0062_1.jpg

いよいよ頂上です。
気分は、先日TVで見た、エベレルト登山の映像をしている感じです。
頬にあたる風が痛い!
IMG_0070_1_1.jpg

ああ、やっと登頂!
頑張りました。
コーヒーのおいしいこと。
眼下の屈斜路湖は氷結が始まっていました。
全面凍るでしょうか。凍ったときにはおみ渡りが見られるかもしれません。
IMG_0078_1.jpg

キラキラとダイヤモンドダストが輝いています。
と思うと、本当に珍しい現象が見られました。
サンピラー!
太陽柱です。
写真の真ん中に 柱のように輝いているのがサンピラー。

IMG_0075_1.jpg

北国にいてもそう見られない現象です。
ああ、頑張ってよかった!

今日の気温は最高でもマイナス5℃
昨晩も雪が降ったようです。

朝、うっすらと日が射していました。
なのに、静かに極、極、小さな雪が降っていました。

窓から外を見ていたら、小さなキラキラと輝くものが舞い降りています。
ああ、これがダイヤモンドダスト!
うんと冷えた時に見えるようです。
写真では空のところは見えませんが、雪原に輝いているのが見えます。

IMG_0830_1.jpg

ふわふわの雪の中、日課の歩くスキーを楽しみました。
ダイヤモンドダストで輝く中滑るのは ワクワクします。

IMG_0855_1.jpg

それにしても今年は雪が多いです。
雪だるまは お地蔵様の様になっていました。
ジョイヤサ、ジョイヤサ。
いいものを運んできてくれそうです。
IMG_0834_1.jpg

今晩はマイナス15°
明日の日中はマイナス7℃の予報です。

午後から天気が崩れるとの予報です。

外を見ると、広い畑に歩くスキーの跡がついています。
昨日スキーに行っている間に、お隣のKさんが新雪の中、遊んだようです。
早速、跡をなぞって見ました。

IMG_0808_1.jpg

たっぷりと降ったので 畝の後も無く 気持ちよく歩けます。
足跡をつけるのは 私たちだけでは無いようです。

これは何の足跡?
IMG_0807_1.jpg

5周もすると汗でメガネが曇るほどです。
汗をかいて運動した爽快感がいいです!

また、ちらほら粉雪が舞ってきました・・・。

やっと吹雪がおさまり、青空が広がりました。

久しぶりの冬の北海道暮らし、何年かぶりにスキーに出かけました。
5年以上滑っていません。

ここは網走天都山にあるレイクビュースキー場。
リフトが一基だけある小さなゲレンデです。
忘れるほど滑っていないので、ちょうどいいかもしれません。
風も無くよいコンディション。
この青空、まさにオホーツクブルーです。

IMG_0031_1.jpg(リフトから)

歩くスキーに馴染んでしまっているので、
板の重いこと!
踵がガッチリ板にくっ付いていて、自由が利かない!
靴が重い!
サイボーグ状態で滑る感じでした。
IMG_0017_1.jpg(おっかなびっくりの私)

2,3回滑り降りるうちに、感覚が戻ってきました。
ただ下へ下へ降りればいいので楽です。
汗もかきません。
でも日中でも気温はマイナス4℃。
さむっ!
どんどん体が冷えてきます。
2時間程滑って、早々に切り上げました。

スピード感は楽しめますが、やっぱり歩くスキーの方がいい運動になります。


板を外し、重いスキー靴を脱いだ時、普段の靴が軽すぎて足がフワフワして、宇宙遊泳をしている感じでした。


IMG_0027_1.jpg

おまけ
レイクビュースキー場と言うのは、この写真に広がる白い雪原が実は網走湖で、
網走湖を見ながら滑ることから来ています。
網走湖ではわかさぎ釣が解禁となり、にぎわっています。
いよいよ冬の楽しみがスタートしました。

5,6日でたっぷりと雪が降りました。
玄関から外に出るのをためらうほど 吹雪く時もありました。
地下室と冷凍庫に食料品はたっぷりとあるので、長くとじ込められても大丈夫です。

雪が降り止んだ後の除雪で、こんなに道路脇は雪の山。

IMG_0801_1.jpg

ちょっと見えにくいですが、歩道も雪の壁にはさまれています。
IMG_0802_1.jpg

北西から吹き込んでくる吹雪のため、建物の南西側に吹き溜まりが出来ます。
IMG_0803_1.jpg

平均して50センチは積もったでしょうか。
でも、ここの雪は風に吹き飛ばされるので、吹きさらしにある雪だるまは
ほんのちょっと雪化粧しただけでした。
IMG_0804_1.jpg

家の中には雪遊びのなごりが・・・・・。
IMG_0800_1.jpg

新年おめでとうございます。

今年頂いた年賀状は いつもと違う挨拶が多かったようです。
その中にあった言葉です。

「何がどうあろうとも、心は明るく朗らかに」と心掛けましょう。

そんな新年にしたいと思います。


今日はすごい吹雪です。
横殴りの吹雪きで畑向こうの家も見え隠れしています。
孫たちは昨日良い天気のうちに帰りました。

静かな我家に戻りました。

思い出のシーンを少しだけ・・・。

天気が良かった元旦、近くの公園へそりすべりに出かけました。
何せ雪が粉雪で、固まっていない為、もぐりこんでいきます。
おじいちゃんが歩いた後を追いかけますが、それでも、埋もれてなかなか進みません。
IMG_0616_1.jpg

ラインをつけてもらって、出発!
結構スリルがあります。
IMG_0627_1.jpg

雪だるまを作るのも大変です。
固めても固めても崩れます。フワフワ飛んでいってしまいます。
家からバケツに水を汲んできて 水をかけながら 固めます。
やっと出来た!
アンパンマンダルマです。
IMG_0700_1.jpg

もう一つの雪だるま
IMG_0674_1.jpg



さてこの吹雪きの中、雪だるまはどうなっているかな?



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。