ゆいを定宿にしてくださっているカメラマンさんを牧場へ案内しました。
放牧の写真を町から依頼されたそうです。

放牧している牧場は依頼と少ないのです。

この広さ!
久しぶりに晴れた空、風が気持ち良い!
自由に写真を撮って良いよと言ってくれたのですが・・・。
広すぎてどこに牛がいるのだか、分かりません。

IMG_4120_1.jpg

歩き回ってやっと遠くの尾根に牛を発見しました。
いた!

IMG_4122_1.jpg

と、見る間に牛達がとことこと近づいてきます。
人恋しいのか 何かくれると思ったのか、うれしそうにやってきます。
ああ、そこら辺で草を食べててくれないかな~。
良い感じに写真がとれそうだから、ね。
IMG_4128_1.jpg

ストップ!と言ってもどんどんやってきます。
そばに来ると大きいこと。
そんなに近づかなくて良いですよ~。
IMG_4116_1.jpg

適当に散らばってくれないと 良い写真が撮れないよ~。
IMG_4131_1.jpg

「遠慮しないでアップで撮って!」
と、言わんばかりにカメラに顔を寄せてきます。
IMG_4129_1.jpg
可愛いのだけど、ここまで近づいてくると ちょっと恐いかな・・・。
スポンサーサイト

埼玉の熊谷で39.8度を記録したとのニュース。
私はテレビの前で 笑ってしまいました。
 暑い思いをなさった皆さん、すみません・・・。
寒くてストーブをたいてマフラーをしてテレビを見ていたのです。
こちら今日も8℃ほどしか気温が上がりませんでした。

30℃も差があるなんて!

夕飯時、夫が
「暖かいものを食べたいな」
と、言います。
ちょっと動いただけでも汗をかく夫なのに、余程寒かったのでしょう。

明日の野菜市の野菜も育ちません。
自然は儘ならぬものです。

IMG_0172_1.jpg

こんなに寒い中、やっと少しトマトが赤くなってきました。
健気!です。

なんと、最高気温が9℃です・・・。

さむっ!

フリースをまだ着ています。
暑い暑い内地から見たら、グエッ、暑苦しいと思うでしょう。
今日なんか ネックウオーマーさえ取り出しました。
暖かくて気持ち良い。

去年は暑い6月で、ぐんぐんアスパラが育ちました。
6月半ばにはほとんど収獲が終わっていました。

今年は霜にやられ、立ち直ったかと思うと雹がふりました。
その後低温と雨続き。
長年アスパラを育てている農家さんが言いました。
「今年は最盛期がないまま アスパラは終わるかな・・・。」

ちょ、ちょっと待って。
まだ待ってもらっているお客様がいるのだから。

今晩あたりアスパラにフリースを着せてやりたい感じです。
そして、暑くて困っている所へ天然の冷気を送りたいです。

北海道新聞の記事で見つけた映画を見て来ました。

  持続可能な暮らし方、一緒に考えよう。
    「脱原」発へ映画や講演
  中国電力の上関原発建設に反対する山口県祝島と、
  脱原発をすすめるスウェーデンからのドキュメンタリー映画 
  「ミツバチの羽音と地球の回転」
       鎌仲ひとみ監督

東藻琴から40分ほど走った斜里町にある「ゆめホール知床」での上映でした。
斜里町の主婦で作る実行委員会が自主上映しました。
「いま何が起きているかを知り、これからの生き方を考える機会にしてほしい」
と、参加を呼びかけていました。

瀬戸内の小さな島で魚をとり 農業を営み、その、ずっと昔から続く生活を守りたいために原発に反対する島の人たち。
27年間反対し続けて来たと言っていました。
  (カメラが回っていたのは2009年で、2010.4完成)
とてもシンプルに生活と環境を守りたいためなのです。
だから芯が強い。

海で船をつないで反対行動をとる島の人たちに、中部電力の人が言います。
「第一次産業じゃ食べていかれないでしょう?」
「絶対的に安全なんです」
むなしく響きます。

もっと、もっと深い内容ですが
頭の中に一杯詰まっていて ゆっくり整理しながら考えたいと思っています。

21日に網走で 田中 優さんの講演もあるので、出かけようと思ってます。

北見と室蘭からのお客様を「幸の庭」にご案内しました。

曇り空のしっとりとした空気で、緑が一段と瑞々しく見えました。
緑の回廊を歩くお母さんとYちゃん。
そしていつもお茶をいただくテーブル。
今日は喫茶室はお休みですが、幸さんが庭仕事をしていたので特別にお願いしてお邪魔しました。

IMG_4100_1.jpg IMG_4094_1.jpg

植え替えの最中でした。何が植わるのかな・・・。
小道の周りの木も大きく育ってきました。森にしたいと2年前に広葉樹を植えたところです。
IMG_4096_1.jpg IMG_4098_1.jpg

藤の花が下がり、ライラックの花も色とりどりです。
IMG_4086_1.jpg IMG_4082_1.jpg

クロユリと何だったか・・・・・。
IMG_4073_1.jpg IMG_4106_1.jpg

これも、あれも
IMG_4078_1.jpg IMG_4087_1.jpg

みんな花の名を忘れました・・・。
IMG_4070_1.jpg IMG_4072_1.jpg    

これはコデマリ。こんなに大きいのに。
それとクリスマスローズ
IMG_4083_1.jpg IMG_4088_1.jpg

まだまだ紹介したいのですが、また、違う季節に。
緑が本当にきれいです。

昨日、雷雨が激しく降りました。
北の空が 不気味にダークグレイに覆われていました。
縦に稲妻がひかり、大粒の雨がザンザカ ザンザカ 叩きつけてきます。
道路の上を音を立てて流れ、畑にもみるみる水がたまっていきます。

バラバラ バラバラと言う音に変わったと思うと
白い大粒が落ちてきました。
雹です。

ああ、また作物が傷めつけられる・・・。

そこそこに雨に変わって 幾分ホッとしました。
が、やはり 被害が出てしまいました。
我家は 家から離れた所にあるアスパラ畑に大粒が振ったようで、折れたり曲がったり傷ついたり・・・。
アスパラの最盛期だったので 残念です。
しばらく収獲はお休みです。

ご注文いただいていながら まだ お送り出来ていない方、申し訳ありません、新しいのが出てくるまでお待ちくださいね。


北見やこの近くでも 玉葱や小豆などがかなりひどくやられたとのことです。
自然は容赦なくおそいかかってきます。

アスパラを収獲すると 細いのや曲がったのやいわゆる外品と言うのもたくさんあります。
細いのは漬物にしています。
冷凍をして 季節外れに楽しみます。
曲がったのは毎日 青虫になるかと思うほど 食べています。

ちょっと贅沢にアスパラのシャブシャブを。
ピーラーで薄くスライスしたアスパラ。
知り合いのアルファポークさんの豚肉を 特別薄くスライスしたもの。
さっと茹でて柚子ポン酢でいただきます。

IMG_4065_1.jpg

う~~~~~ん、良い味!
甘い!

ノンキーマーケット初日です。

友人も早朝に起きて、野菜の出荷準備を手伝ってくれました。

今まで6月第1週から野菜市をオープンしようと計画したものの、野菜が育たず、延期を余儀なくされていました。
今年はとにかくオープンすると決めていました。
気合の入れ方が今年は違っています。
ゆいの出荷野菜は・・・、夫のブログにゆずります。

絵の上手なA氏による オープニング看板です。
心あたたまる絵ですね~。
ノンキーマーケットに集るみんなの感じがよく出ています。
IMG_0112_1.jpg

お客様も待っていてくれました。
オープンと同時にどんどん売れてゆきます。
鎌倉の友人も 持ち帰ることが出来る豆を購入。
どうも、どうも。
IMG_0120_1.jpg
「みんな良い笑顔だねえ」
「野菜を買うこともそうだけど、人と人のつながりを求めているなと感じた~」
「地域の人と一緒に楽しくやってるね~」
とのこと。
良い天気に恵まれ一緒に遊べたし、そして私たちの生活の一部を見てもらえたことも よかったです。

今日は帰る日。
女満別メルヘンの丘に立ち寄り、空港へ送りました。
IMG_4062_1.jpg


また、気楽に来て下さいね!!!

今日はゆっくりと過ごしたいとの希望です。

予報は曇りなのに今日も晴れ!で、いい気分です。
知り合いの牧草地を訪ねました。

IMG_4037_1.jpg

この牧場では放牧をしています。牛舎の中だけで飼うのでなく、出来るだけ牛に負担の無いように育てたいとの考えで やっていると聞きました。
この時間、牛は搾乳でもしているのでしょうか、見かけませんでした。
夏草が茂る広い広い牧草地です。
「ダンボールをもってきて 草滑りをしたい!」
と、Iさん。
「雲の形が楽しい♪空がこんなに広いからかなあ」
と、見惚れているのはKさん。
こんな所で自由に空を飛べたらなあと、私。


次はいつも素敵な時間が流れている 幸のガーデンへ。
淡い新緑が目に優しく、本当に気持ちの良いひと時、の~んびりお茶タイムです。
IMG_4043_1.jpg

午後は能取岬まで走りました。
随分と潮が引いていて、磯の香りが風に運ばれてきていました。
知床半島はうっすらと、斜里岳も何とか見られて パノラマを見てもらえました。
IMG_4050_1.jpg

岬の台地はタンポポがいっぱい!
そう、こんな時期にタンポポが咲くのです。
日本一遅い春のオホーツクです。
IMG_4048_1.jpg

夕方は明日の野菜市に向けての準備を手伝ってもらいました。
お店屋さんごっこのようで楽しいとのことでした。

友人は晴れ女のようです。
目が覚めたらピッカピカの晴天です。
もうこれは知床でしょう!

いつもの知床見学のルートでなく、まずはカムイワッカ湯の滝を目指しました。

7年も前になりますが一度行ったことがあります。
その後、道路ががけ崩れで閉鎖になったり、世界遺産登録で車が入れなくなったり、夏場は私が忙しかったりと、チャンスがなかなかありませんでした。
ラッキーなことに6月1日から湯の滝への道路が開通したのです。
友人はついています。

知床五湖へ入る分岐点で直進し、砂利道を走ります。
知床大橋の手前に湯の滝が流れ落ちています。
これが車を止めた橋の手前からみたカムイワッカ湯の滝です。

IMG_4020_1.jpg

何故湯の滝か、この流れが湯なのです。
良い天気と言っても北海道の水は冷たい!
でも、湯が流れ落ちているため、気持ちよい水温です。
IMG_4019_1.jpg

夏場になれば、足湯に丁度よい温度です。
さらに上流まで行きたいところですが、岩石落下のためこの先進入禁止となっていました。
ここまででも新緑と湯の流れとを、まあ満喫。
IMG_4014_1.jpg

知床五湖は今年から世界遺産を守るために 見学の仕方が変わりました。
湖にそって見学するには事前に申し込み、有料でレクチャーをうけ、ガイド付きでまわることになりました。
ヒグマのよく出る時期と、植生を守る時期です。
晩秋は自由にまわれます。

ただ、木道を歩くコースは 安全が守られているため、いつでも自由に入れます。
私のような無計画な人には 木道ルートがあると言う訳です。
まだ残雪が多い連山をうつした第一湖。
IMG_4023_1.jpg

晴れ女の友人のお陰で、暑いほどの晴天に恵まれ、私も楽しんできました。

鎌倉の懐かしい友人が遊びに来てくれました。

未明は零下にまで下がりました。
折角きてくれるのに、寒いとなあ・・・、天気が悪いとなあ...と心配でしたが、何と良い方に予報がはずれました。
次の日からは曇りとのことで、晴れているうちにと、早速芝桜公園へ。
一段と恥ずかしいほどのピンクに染まっていました。
鮮やかに全面ピンクの公園に、友人はびっくり!
「こんなにすごいの!」
IMG_3980_1.jpg

これはぜひ体験してほしいと、ゴーカートに乗ってもらいました。
満喫してもらえたようです。
IMG_3987_1.jpg

屈斜路湖を展望してから、摩周湖へ。
ピンクの公園から今度は蒼の世界です。
IMG_3995_1.jpg
夕方近かったため 空が霞んできましたが、未だ十分蒼い湖が見られました。
摩周湖第3展望台からは、摩周湖と屈斜路湖、遠くに雄阿寒岳から大雪連山、斜里岳と
雄大な眺めが広がっています。
北海道らしい大パノラマを まずは 堪能してもらえたようです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。