スポンサーサイト

家の中が シーンとしています。

これがいつもの生活なのに、随分と静けさを感じます。

東京へ帰る日が来てしまいました。
玄関にウサギを置いてあるのを見て、北海道の家を
「うさちゃんのおうち」
と、呼んでいました。

出発の時、そのウサギにさよならをしています。

IMG_2309_1.jpg

1歳9ヶ月、随分と言葉の早い子で
「おじいちゃんの作ったメロン、おいちいね」
「おじいちゃんのぶどうも おいちいね」
「おじいちゃんの赤いブーブーに乗る!」

「おばあちゃん、なにちてるの?」
「○○ちゃんのご飯を作ってるの。○○ちゃんはなにしてるの?」
「○○ちゃんはねえ、ご本よんでるの。」

ジブリの映画が大好きで、歌もよく覚えています。
となりのトトロのエンディング
「素敵な幸せが あなたに来るわ~」
など、歌っているので、笑ってしまいます。

などなど、楽しいひと時でした。
皆さんにはババ馬鹿ぶりを失礼致しました。


さて、かぼちゃやジャガイモの発送が待っています。

ブログもちょっとお休み。
それは・・・

IMG_2038_1.jpg
小さな靴のお客様で忙しくしているのです。

東京からかわいい孫が来ています。
4月半ばに会った時と比べて、すごい成長です。

IMG_2087_1.jpg

半年前、話せる言葉は
マンマ、オカーカ、バーバ、パンパン、タイチャンくらいでした。
後はすべて指差して
「ウ、ウ、ウ」

それが
「おばーちゃん、なにちてるの?」
「かあかんとはいる!」
「おじいちゃんがいた」
「じぶんではく!」
「おまめ もっとちょうだい」

そんなで忙しくしています。

知りあいから電話。
「知床の海でアキアジを釣ったから、良かったら取りに来ない?」

野菜と交換してもらおうと、枝豆を持っていそいそと出かけました。

IMG_2025_1.jpg

ビッグな保冷庫に入ったこのアキアジ、銀色に輝いています。
知床の海深くで釣った証です。
川に遡上する前に徐々に深度を上げてくると、ぶなの木のような大きな点々の模様が出てくるそうです。
その前のがおいしいそうです。

大きいのは5kgもありました。

お薦めの調理方法は、まず塩をして3日おき、3日かけて塩抜きをして食べる方法。
一つまず塩をして冷蔵庫へ寝かせました。
うまくいくでしょうか。

他のアキアジはビッグなまま 冷凍庫へ入れました。
アキアジ三昧です。

すももの収獲が終わり、いよいよジャム作りです。
先日のハスカップジャムに続き、2回目です。

メインのすももジャム作りと平行して カシスジャムも作ります。
カシスは匂いがきついのですが、ジャムにするとちょうどよい香りとなります。
頂いたシフォンケーキにトッピングして、試食タイムです。
濃厚なおいしさです。
ちょっと粒々が残るのが気になるところでしょうか。
IMG_2022_1.jpg

すももジャムです。
今回はちょっと控えめに作りました。
売れ具合を見て、また作る予定です。
IMG_2023_1.jpg

こんなことがありました。
埼玉から電話がありました。
「道東を旅行した時にそちらのジャムを買いましたが、帰って食べてみたらとてもおいしくて、
是非、息子の所に送りたいのですが・・・」
本当にうれしい注文でした。
食べていただいて、おいしいからプレゼントしたいと言うのですから
うれしい限りです。
こういった声に励まされて、ジャムを作っております・・・。

昨日は夫が案内役で 釧路川下りへ。
先日、私だけ川下りを下ので、今回は夫に譲りました。

今日は雨の予報です。
近場で雨の合間を縫っての観光です。

能取岬では雨に降られました。
昼ごはんをはさんで 女満別朝日が丘へ。
ヒマワリが見事に咲いていました。
遠くは所々雨が落ちているようです。
網走湖を見下ろす風景です。
IMG_2010_1.jpg

夕方は近くの公園でパークゴルフ。
この後、帰路に。
IMG_2017_1.jpg

一緒に観光をする楽しさはもちろんですが、それ以上に
楽しい話をたくさん聞かせてもらいました。
こちらで生活しているだけでは知りえないような 違った世界を覗かせてもらえました。
来年は秋の紅葉の頃にと 予約をして帰路に。

また、どんな話で盛り上がるでしょうか。

東京からの知り合いのお客様を案内して 知床へ。

岬まで行く観光船に乗って見たい!とのリクエストで、
3時間半のコースに乗船しました。

硫黄山から流れ出る硫黄の成分で 海はエメラルド色に。
いつもはここまでのコースに乗っています。
このポイントの少し先に、ヒグマが見られる場所があります。
ただ乗った船が大型船なので近寄ることが出来ず、見られません。
ヒグマウオッチングクルーズが満席だったのです・・・。
IMG_1969_1.jpg

加藤登紀子が歌う知床旅情の歌を聴きながら、船は進みます。
半島の半分位まで来たでしょうか。
風はさわやかですが、紫外線の強いこと!
IMG_1970_1.jpg

岬近くに、スフィンクスのような岩が張り出していました。
森繁久弥の知床旅情の歌が流れ始め・・・・・
IMG_1975_1.jpg

いよいよ知床の岬です。
IMG_1978_1.jpg

グッと近づくと、すぐそこに国後島が見えます。
岬の先端は 意外と平坦な地形でした。お花畑のようです。
なかなか見ごたえのあるクルーズでした。
IMG_1984_1.jpg

この後はおいしいウニを頂いて、知床五湖へ。
空気の気配はすっかり秋です。
IMG_1991_1.jpg

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。