蝦夷梅雨とでも言うのでしょうか、
曇天の肌寒い日が続きました。

夜は5℃から6℃という寒さです。
日中も13℃という毎日です。
今日は午後からやっと晴れましたが、それでも16℃まで。

雹で被害を受けた畑の作物も寒さで復活してきません。
アスパラも
「まだ寒いよ~」
と、伸びてきません。

アスパラをご予約してくださっている方には
申し訳ない思いですが、
天候相手ではどうしようもありません。

ああ、晴れた日が続いて欲しいなあ!!!!!
スポンサーサイト

携帯電話がないと、とても静かです。

昨晩、一昨日の残り物がたくさんあったので
残り物BQをしました。
またまたたっぷり食べ、食べ終わると急に寒さを感じて中に入りました。

夜中にザーと雨が降り出しました。
夫はアルコールが入っていい気分でとっくに寝ています。
この雨、ハウスは大丈夫かなあ・・・。
葉物野菜がまた泥はねで出荷できないかなあ・・・。
と、心配しながら寝ました。

今朝10時ごろ、BQの後片付けをしなくちゃと外に出て、フリーズしました!
何とテーブルの上に私の携帯電話がちょこんとのっているのです。

そういえばBQをやっている最中に電話がかかってきてました。
そのまま暗がりのテーブルにポンと置いたのでした・・・。
中に入る時、見ませんでした・・・。
雨が降ったとき、心配したのは野菜のことでした。
いつもは目覚まし時計代わりに携帯電話を使っているのに、
「いいや、疲れ気味だからゆっくり寝よう」
と、いつもの習慣を無視しました・・・。

悪いことが重なる時には重なるものです。

とにかく乾かそうと、ドライヤーのクールで風を送り、どうかなと電源を入れてみると
辛うじてディスプレイが見えます。
網走まで走りました。
お店の人は丁寧に
「いくらか復活してきているので、折角ですから、乾燥させて様子を見られたらどうですか」
とのこと。
もうだめだから新しいのをと言いそうなのに、親切です。

もし、ダメで、また網走まで来るのも面倒です。
安いのがあったので、買い替えようとしましたが、
欲しい機種がたまたま無くて、注文待ち。
それならば乾燥させてみようと、買わずに帰りました。

携帯君は乾燥剤と一緒にパックの中です。
3日間は乾燥させてくださいとの事です。
メールの音も 電話の音もしないこの時間
とても静かです。

さて、うまく復活するでしょうか。

本当に久しぶりの快晴!
お天気がいいだけでとても幸せな気分です。

今日はオホーツクの村主催のベイト散布の日です。
K氏夫妻も誘って4人で出かけました。
ベイト散布とは・・・。
キタキツネに寄生するエキノコックスを駆虫する目的で、
駆虫薬を魚のすり身に混ぜた餌(ベイト)の散布です

私が初めてエキノコックスというものを知ったのは、
手塚治のブラックジャックでした。

このエキノコックス対策事業をオホーツクの村ではじめて5年目になりました。

これがベイトです。
20080627171301


今のことろ、オホーツクの村がある小清水町(大空町のお隣)だけの散布です。
町内のキタキツネにエキノコックス寄生率が0パーセントになっても
町外からのキツネから感染してしまいます。
一昨年は感染率0だったのに、昨年は8パーセントだったそうです。
5月から11月まで毎月散布することになり、今回は2回目でした。

我家の畑にも時折キタキツネが姿を見せます。
イチゴが赤くなってきているので、見かけると追い払うのですが、
近付いて欲しくない動物です。
私たちの大空町や斜里町でもこの取り組みが広がるといいなと思います。

近隣の町村に働きかけはじめたとの事でした。

生臭い餌を車に積み込み、何組もに別れて出発です。
私たちは小清水の友人Y氏の車です。
区割りされた地域に15箇所ほど餌を撒くポイントがあり、
道路と草むらの境目にポトンと落としていきます。

小清水は斜里岳の麓から海へと広がっています。
斜里岳からの風が強いので、暴風林が規則正しく並んでいます。
東藻琴のような広々とした風景とは違った農村風景です。
最後にとっておきのいい場所を案内しますと、寄り道してくれました。
20080627171221
斜里岳から知床半島までのパノラマビュー、その手前に防風林が整然と並んでいるのですが、
何せ広すぎてカメラに収まりません。

環境にいいことをしたなあ!
いい天気でいい景色を見て、ああいい気分!

夕方からは斜里の来運の水を汲みに行った仲間のバーベキュー。
昼間は爽やかでしたが、夕方からは寒くなり
寒い、寒いと言いながら外で炭をおこして焼肉です。
IMG_2173_2_1.jpg
なにもかもおいしかった!!!

昨日、サロマ湖ウルトラ100kmマラソンが実施されました。

このマラソンにご主人が参加されるご家族が一昨日
ゆいにお泊りでした。

なにせ100kmマラソンです。
とても過酷です。
参加要綱を少しご紹介します。

100km13時間、50km8時間以内で完走できる走力を有する男女。


競技方法 1. 関門での打ち切り時刻を次の通り設定し、競技を中止するので、以降のレースを続けることはできない。
2. 各関門通過後、次関門の打ち切り時刻をオーバーすると思われる選手は途中でもレースの中止を命ずることがある。
3. 関門の打ち切り時刻を過ぎた選手およびレースの中止を命じられた選手はナンバーカードを取り外し、最後尾の選手収容車に乗車すること。


関 門
制限時間 100kmの部
5時スタート
42.195km 10:30 5時間30分後
50km 11:30 6時間30分後
60km 12:35 7時間35分後
70km 13:45 8時間45分後
80km 15:00 10時間00分後
90km 16:30 11時間30分後
フィニッシュ 18:00 13時間00分後

昨年、網走の友人が参加しましたが、80km関門でタイムオーバー、
最後尾の車に乗せられたと、嘆いておりました。

マラソンに参加されるご主人は5時出発のため
出発地点で宿泊されました。
フルマラソンの42.195km 地点でまずは声援を送ると言うことで
ご家族も7時に朝食をとり出発しました。

先ほど 奥様から電話を頂きました。
11時間40分ほどでゴールできたとの事です。
8年前に走ったときは 12時間ちょっとだったので
随分頑張ったとのお話でした。

とても嬉しい知らせでした。
パパのゴールインを見て、1年生のMちゃんも大喜びだったでしょう。
小さいJちゃんは寝てしまっていたとの事、
「Jちゃんにも勇姿を見せたいので、何年かたったらもう一度走るので
その時はまた泊めてください。」
これまた嬉しいお話です。

今日は足を引きずりながら 出勤なさったそうです。
お疲れ様でした。

IMG_2155_1.jpg

講談師 神田山陽 大空町民 ふれあい独演会が、今日東藻琴でありました。
今年は月に7日は東藻琴に滞在し、
東藻琴小学校に通って子どもたちとの交流をはかっておられます。
町の人たちともふれあいを深めようと、
山陽さん本人が主催する独演会が無料で開かれたのです。

講談は本来、笑いをとるものではないそうです。
ですが、山陽さんはジャーナリズム的に聞かせもするし
チクリと皮肉って笑わせもします。

反省会で遅く帰ってきたので
すでに夢の世界にいます・・・。
この辺で・・・・・。

今年になって海外からの宿泊問い合わせが何件かあります。
海外に出張で出かけておられて、夏休みに来られる方。
外国の方と結婚なさって、日本旅行をされる方。
海外旅行をされる外国の方。
様々です。

10日前になりますが、ゆいに香港から若い二人が宿泊しました。
申し込みフィームでは日本語での申し込みでしたので、安心していましたが
中国語と英語のお客様でした。
あらら、どうしましょう・・・。
英単語を並べただけで、理解してくれたのでホッとしました。

そのお客様が昨日、旅行のアルバムを作ったからと、メールを下さいました。
早速開いてみると、天候が悪い時期で曇天の中、小樽や札幌
東藻琴、上湧別などの写真が一杯収められていました。
我家の写真では 寒かったのでおやつに焼き芋を出したのですが、
その焼き芋までバッチリ記念におさまっていました。

そして、これから日本語を勉強するので、
今度行った時には、日本語で話せるでしょうとありました。
    (多分 そう書いてあるように思います・・・。)
えらい!

漢字が通じるので 四川省 地震 哀悼 と書いてお見舞いしました。
言葉が通じるともっと交流が出来るのにと 思った次第です。
それにしてもゆいも 国際的になったものです。

でも、私は及び腰です。
もし病気とか事故とかあったときに 十分なお世話ができないので、心配です。
7月から英語が堪能な方が 大空町に体験移住で来られるので
何かあったらお願いしようと、思っています。

今日は朝から気温が上がり 30℃を軽く越えました。
その中を蕗採りに出発です。
友人のK氏夫妻私たち二人そして山菜採りの先生、軽トラック3台です。

車は夫の実家がある地域の奥を更に進み、谷に向って下ります。
藻琴川の支流に沿って、山奥へ、奥へと走ります。
熊も出そうなほどの山深い沢沿いに車を留めて 藪の中へ分け入ります。
IMG_2124_1.jpg
50年も前には そんな奥地にも開拓の人たちが住んでいたそうです。
よく見ると、多少ゆるやかになった斜面に落葉樹が茂っています。
原生林の中を開拓した後、離農した土地に植えた樹だということです。
IMG_2127_2.jpg
小さな沢が見えてきました。
夫が懐かしそうに 話します。
「この川で子どもの頃に良く遊んだんだ。
 泳ぎを覚えたのもこの川だ。
 せき止めて岩魚を釣ったりしたんだ」
今はもう少し下流に砂防ダムが出来ているため、
流れが変わりとても遊べないとの事でした。
IMG_2135_4.jpg
さて、目的は蕗採りです。
隊長の説明を聞き、作業にかかります。
茎を良く見て透き通ったように青いのがいいこと。
鎌で切ってみて シャッと水が出るのが良いこと。
更に、茎の中を見て虫がいないか確認すること。
そう大きな蕗は採りませんでしたが こんな大きなのもあります。
IMG_2141_3.jpg
汗まみれになりながら 欲張ってたくさんとってきました。

午後は隊長宅で蕗を茹でます。
IMG_2143_1.jpg
隊長が自分で作ったと言う東屋に薪ストーブと大きな釜がありました。
薪で湯を沸かして、待っていてくれました。
昔の学校で使っていた薪ストーブだそうです。
茹で具合の研修です。良い具合に茹で上がったのを水にさらします。
細い蕗はおひたし等にして食べることにし、太い蕗を塩漬けにします。
その塩加減が分からないのです。
そこへ奥様が登場!
「蕗を並べて 初雪が降ったくらいに塩をパラパラとかけるといいの」
ふーむ、文学的な表現だなあ・・・。
実際にやってもらって納得しました。
IMG_2145_2.jpg

ほんとに初雪が降ったみたい!と、Kさんと二人で盛り上がりました。
蕗採りでは日に焼け、茹でる時には火に炙られ
すっかり干からびました。

夫の農作業が一番忙しい時期でした。
何かと私も落ち着かず、ただウロウロとしておりました。
今日からやっと天候も回復に向かっています。
雹の被害にあわれた方は何よりも天候の回復を待っておられます。

我家は回復してきましたが、
地域によっては高橋北海道知事も視察に来るほどの被害だったようです。


紹介させていただきます。
亡くなってから10年になりますが、私の父がTVにまた再登場します。

6月24日(火)、午後2時40分より
NHK教育
あの人に会いたい―大江巳之助

2時30分からは人形使いの吉田玉男さんです。
こちらもあわせてご覧いただけたら幸いです。

夕方の道内のニュースでは大空町の映像が出ていました。
それは雹!

午前から夕方にかけて 天候に翻弄されました。
空がにわかに暗くなり、雷の音が・・・。
外に出てみると 北の空がそこまで黒雲に覆われていました。
これはいけないと、ハウスのビニールを必死に閉めました。
3棟終わって間に合った!と家に入ろうとすると、
バイバリバリと言うまるでジェット機が飛んでくるような音がしました。
黒雲が迫ってきて ゆいの北側にある体育館の屋根を叩く音です。
な、なんだ!
恐い!
と、見ていたら 突風が押し寄せました。
あわてて家に飛び込んだ途端、大粒の雨が突風と共に叩きつけてきました。
下から吹き上げてくるほどです。

アスパラの苗の定植で早朝から畑仕事をし、疲れて休んでい夫を起こし、
窓から呆然と見ていました。
言葉が出ないと言うのは この時のことを言うのでしょう・・・。
雨と言うのでなく 空全体が 滝になったようでした。

あまりに大粒の雨でびっくりしていたら 
カツン カツン
と、窓をたたきます。
雹でした。

10分でからりと晴れ上がりました。
夫は定植したアスパラを見に出かけました。
その後でまたまた雹が 
IMG_2079_1.jpg
降り始めに写真をとりましたが 後は恐くて外に出られませんでした。

ニュースをつけると 発達した積乱雲の影響で 突風、竜巻、雹の注意報が一帯に出ていました。
斜里では学校の窓ガラスが割れたり 農作物に被害が出たとのこと。
まだ 確認していませんが
この地域でも たまねぎ、ビートの苗がやられたのではないでしょうか。
ゆいもアスパラの穂が心配です。
やっとアスパラが美味しく育っていたのに・・・。
御注文いただいている皆さん、傷ついたアスパラが終わって、良いのが出るまで
今少しお待ち下さい。

農家は天候に翻弄されます・・・。

去年、宿泊してくださったkikiさんご夫妻が 2泊3日、滞在して下さいました。
ブログで素敵な花の写真を楽しませてもらっています。

滞在中、出来たら花のアレンジメントのお話を伺いたいと、思っていました。
その願いが通じて、
昨晩、お疲れの所を「ワンポイント レッスン」を設けてくださいました。

と言っても、花屋さんは無いし、庭の花もこれから。
辛うじて咲きそうな花を切りとりました。
みやこわすれと アヤメです。
あと、ギボウシとオレガノ。

「ゆいさんの好きなようにさして見て」
と言われたのですが、何がなんだか・・・、初めてなので見せていただくことにしました。
「みやこわすれは私の好きな花です」
と言うと、
「その花をメインにしましょうね。」
とのこと。
成る程!
IMG_2070_3.jpg
こんなにすてきになりました。

もっと近付いてみると・・・
IMG_2069_2.jpg


メインのみやこわすれは・・・
IMG_2068_1.jpg


今日、東京から来ている友人K氏の連れ合いの方が 来ました。
夕飯に招待しています。
ちょうどこの花で歓迎のテーブルがにぎわいます。

ありがとうございました!

ゆいの契約果樹園に久しぶりに行って見ました。
この果樹園の隣を夫がアスパラ畑にと新たに借りたのです。
IMG_2029_2.jpg

今日は暑いほどの日差しです。
春ゼミがうるさく鳴いていました。
IMG_2038_1.jpgIMG_2039_1.jpg
リンゴの花盛りです。
虫が飛び交い、受粉に最適な気温でした。
また美味しいりんごを期待できそうです。

IMG_2041_2.jpg
アロニアの花も満開でした。
アントシアニンがたっぷりとの事ですが、味は今ひとつ、どうも・・・。

IMG_2045_3.jpgIMG_2047_1.jpg

ハスカップはもう実がついています。
7月には美味しく色付きます。
植えるのが趣味というオーナーは、ハスカップをまた挿し木で増やしました。
ハスカップジャムもジャムクラブで作ってみましょうか。
苗木の両側も全部ハスカップです。
丁度いい時期にゆいにお泊りの方で、ご希望の方には ご案内いたします。
オーナー、格安でおねがいしますね~!

IMG_2006_1.jpg
女満別空港から10分の所にある、若い友人が経営するノーザンロッジ カントを訪ねました。
5月中旬オープンしたばかりです。
準備中に何度か訪ねましたが、オープンしてからは初めてです。
車を降りると、
「ゆいのおばさ~~~~ん」
と、元気な声が高い所から聞こえます。見上げると木登り真っ最中。
久々に見る腕白な姿です。

IMG_2009_2.jpg
イケメン3兄弟の三男坊がお出迎え。
「よっ!」
と、テレながら声をかけてくれます。
ここがノーザンロッジ カントです。芝生が芽を出し始めました。
外回りも整ってきましたね~。

庭に大きなシンボルツリーのカツラがあります。
いい日陰です。
IMG_2014_4.jpg


宿主に撮りましょうかと声をかけられて、何年かぶりのツーショット。
かわいい三男坊にも入ってもらいました。
IMG_2015_3.jpg


こんな広い空間を楽しむことが出来るロッジです。
中の雰囲気もシックにまとまっていて、とってもいい感じです。
ソファーに座って新緑と青空を眺めるのが最高です。

ゆいにも来ていただきたいですし、カントにも是非どうぞ!
HP ノーザンロッジ カントで検索していただけます。
ご予約は 0152-74-4816にて。

共々ご贔屓に!

友人の息子さん夫妻を 女満別空港でお迎えしました。
とても和やかな かわいい雰囲気の奥様です。
素敵な女性とめぐり会えたなと、我が事のように嬉しくなりました。
若いお二人をまずは 屈斜路湖を見下ろす峠へご案内。
「わあ、すごい!
 こんな所でゆっくりおにぎりでも食べながら、ずっと見ていたい」
と、感激していました。

IMG_1990_1.jpg
摩周湖、芝桜公園と巡りましたが、どこも、広々としていて別世界みたいだと
喜んでくれました。

IMG_1972_7.jpg

ゆいでは スズランを飾って歓迎。
スズランのように清楚な奥様で、ぴったりでした。

遠い親戚が出来たと思っていつでも気軽に来てくださいね~。

IMG_1934_1.jpg
毎度お馴染みのこの景色ですが、昨日今日とやっと北海道らしいいい天気になりました。
朝起きたときからクリーンな青空です。
何せ3時過ぎには明るくなっていますので、私が起きる頃は太陽が燦燦と輝いています。
東京から来ている友人が
「俺が来てからやっと晴れたよ!
 気持ちいいなあ。」
と、何度も話していました。
IMG_1949_1.jpg上空までこの青さ!
鳥の目になって見てみたいと思います。
一昨日でしたか、アフリカの珍しい絶景を、パラグライダーですれすれに飛んで撮影した映像を見ましたが、屈斜路湖から摩周湖、阿寒湖と巡ってみたいものです。
芝桜公園でヘリコプター遊覧飛行があります。
5分ほどで4300円、
30分のフライトを楽しんでみたい!

明日、友人の息子さんご夫婦がゆいに来てくれます。
どうかいいお天気でありますように。

IMG_1924_1.jpg

町の農政課から新聞折込で こんなチラシが入りました。
その季節には時々あることです。

5月中旬から ニュースになっています。
山菜採りに行く時には ラジオを持っていったり、
腰に鈴をつけていったり、気を付けています。
網走では、町外れの公園や住宅地に出没することがあるようです。

テレビのニュースで見ていた出来事が、身近にあるのです。
温暖化で気温が高くなり、冬場も餌を食べられるようになると、
冬眠の期間が短くなり、食べる日にちが長くなるので体が大きくなると、あるドキュメントで言っていました。

熊出没に注意しながら(チラシにある日進を通って行くのです)、
これから、女満別へ演劇を観に行って来ます。
競馬予想屋人情劇  「そのまま」 です。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。