195_9564_1.jpg山の畑へアスパラを採りに行きました。
「カッコー カッコー」
と、遠くから響いてきます。豆まきの季節です。
夫の実家へ寄ると、さくらんぼと梅の木に白い花が咲いていました。
梅は2月くらいに咲くところが多いでしょうが、ここでは桜と一緒に5月末に咲きます。友人は
「気温が低くて蜂が飛んでないので受粉が十分でないかもしれない。今年は梅もさくらんぼもうまく行かないかもなあ。」
と心配していました。
195_9567_1.jpg
帰り、道路わきを眺めていたら、オオバナノエンレイソウが白い花を咲かせていました。
何度も通っている所なのに、初めて気がつきました。芝桜の鮮やかな色合いと正反対の、清楚な白い花。
新緑の木々の下で静かに咲いています。

195_9577_1.jpg
我家の庭に白い花が咲いています。
近くのKさんにひと株いただいたのが増えてきました。
風にそよそよと揺れているのが可愛いです。
アネモネの原種だそうです。
もっと増えて庭に広がるのが楽しみです。
スポンサーサイト

195_9562_1.jpg

今年もウドの季節が訪れました。
今日、ピンポーンとチャイムと共に
ウドが届きました。
近くのYさんが、
「ウド食べて。葉っぱも味噌汁に散らすとおいしいよ」
と、持ってきてくださいました。
ちょうど札幌からのお客様がいらっしゃったので、天ぷらと酢味噌和えにしてお出ししました。
香りが高くおいしいと喜んでくださいました。

シャキシャキと香り高い山ウド、ご馳走様でした。
それにしても毎日寒いです。
天気予報を見ていたら、九州で猛暑日だって・・・!
35度以上が猛暑日だそうです。
こちら今晩は-2℃の予報です。
ウッソー、でも本当です。

20070523154105
神田山陽さん、1ヶ月ぶりの東藻琴入りです。
NHKとUHB(北海道文化放送)の取材、
子供達との交流と、忙しく走り回っています。
名の通り、自転車で走っています。


20070523203206

その忙しい合間を縫って畑に大根の種まきです。
でも、夫が留守で、どうしていいのか、オタオタ、オロオロです。
山陽さん
「これでいいんですかね?」

「いいのかなあ。」
お願い私に聞かないで!私もやったこと無いのだから。

195_9521_1.jpg

今日やっと5日ぶりの晴天。
東京の友人3人は4日間雨に降られ、昨日帰りました。
朝起きたら雲一つ無い青空!
この青空を見てもらいたかった!残念です。
では、私が代わりにまた、いい天気につられて見に行きました。
南麺、西面ほぼ満開、青空に映えドキッとするほどの色合いでした。

明日、22日 6:10からと7:25、NHK全国放送の
おはよう日本で東藻琴芝桜公園の様子が紹介されます。
みなさ~ん、是非、ご覧下さい。

ブログにて是非紹介してくださいと、副町長の依頼があり、早速アップしました。
まだこれから一番いいところです。
是非、東藻琴までお出かけ下さいね!

cake2.jpg
先日、北海道エリアのテレビ放送でも紹介されていた東藻琴のすがの商店さんで、お菓子作りの体験が出来るようになりました。
是非やって欲しいとお願いしてきたのです。
第1号に私が体験してきました。

シュークリームを上手に作れるようになりたかったのです。
cake3.jpgレシピを読んで作ったのでは分からないプロのコツがありました。
それは、ひ・み・つ!
生地の練り方、温度、焼き方やはり違います。

cake1.jpg
生クリームの絞り方一つとっても、さすがです。
一度教わっただけでは分からない事がいっぱいですが、少しは上手にできそうな感じがします。
ただ、オーブンの性能がまるで違うので、一番のネックのようです。
プロのオーブンは庫内の温度が上段と下段に分かれて設定でき、
シュークリームの場合は上段を下段より低くしないと、ジャガイモのようにむっくり膨らみにくいそうです。
我家のはコンベックオーブン、風がゴーと吹いています。
膨らみにくいと言われました。

194_9444_1.jpg

芝桜南斜面が満開になりました。
もう少ししたら西斜面も満開に。
でも、雨続きで、色もあせてくるようだし、空の青さもないしと
少々早いのですが、16日また、出かけました。

忙しくしていたら、今日の記事になりました。
昨日も今日も雨、
21日には晴れるものの、雨の後の花は可哀想なほど色が落ちます。
今年は早く咲きすぎ、
最高の時期に雨続きで不満です。

これで我慢です。

193_9390_1.jpg

芝桜公園がにぎわっています。
南斜面が8分咲きでしょうか、一番綺麗な色合いの頃です。
空の青とピンクの絨毯
まさに春色です。

嬉しいこと、それは、再会です。
もう15年も前の教え子が新婚旅行で訪ねてくれたのです。
昨年秋の人生の楽園のテレビを見てくれたようで、その時、
「新婚旅行で会いに行こう」
と、思ってくれたとのこと。
ゆいに泊まってくれたました。
幸せな二人も、私も心がこの芝桜のようにポッとしたひと時でした。
明日、また、帰りに泊まります。
なにをごちそうしようかな・・・。

20070515131458
金曜日、急な用ができて仕上げが月曜日になってしまいました。
4月から陶芸室の使用が土日休館となってしまったのです。
これでは、働いている人は利用できないと、残念に思います。

やっと仕上がりました。
取っ手を付けて見たり外してみたり、
模様を上げたり下げたり・・・。
結局シンプルなこの模様に落ち着きました。
大胆な模様をつけて冒険したかったのですが、大きなものなのでごまかしが効かないと思い、シンプルに。
次は冒険してみます。

193_9376_1.jpg
昨晩、東藻琴の図書館で読書会がありました。
柳田国男を読む会。
恥ずかしながら、読んだ事も無いのですが、
講師の先生のお話が楽しいよとの誘いを受け、脳を多少でも活性化しようと参加しました。
193_9379_1.jpg
今年度から大空町の二つの図書館の館長になられた、松岡先生が講師です。
最初の1時間は、ご自分が児童文学から民俗学に興味を持ったかのお話でした。大学の先生の話は、難しく面白くないと言うのが頭にあるのですが、実に楽しい話でした。
宮沢賢治の
「芸術は都人のものにあらず。農民たちに学問を・・・」
との言葉から話が発展。
民の視点からの民話、民俗学の話に及び、引き込まれました。
詳しくお伝えできないのが残念。
月1回の読書会、楽しみが増えました。

20070510162749
最後の3段を積み上げました。
上部1/3の所を少し膨らませ、口を心もちすぼめて見ました。
飾りの取っ手を付けようと思ったのですが、
せっかくここまで我慢してゆっくり作ったのだから、
ちょっと硬くなった明日、取り付けます。その方が形が崩れないのではと。
そしてちょっと模様をつけて完成。
明日が楽しみです。


193_9386_1.jpg昨日もって帰れなかった作品です。
黒いのは板作り。紐作りでこんな大きなのが作れるとは思ってはいなかったので、冬に板で作ったものです。
黒の粘土のままの焼き締めで、ドライフラワーを飾りたいと思っています。
下の皿はこれ一つでランチが盛り付けられそうな大きさと形です。
これも友人とわいわい楽しく作りました。
友人は白に銅緑をかけた明るい色合い。
私のは白樺の灰釉に同じく白樺の灰汁をかけたもの。
麻袋の布目をつけたので、その分灰釉の色が薄くなったようです。
裏側がいい色合いでした。
焼いて見なければ分からないドキドキが楽しいです。

20070509170805
う~ん、3日目にして少し広がってきた感じです。
ただ、下のほうは少し乾燥してきているので、縮み具合が違うのがむずかしいところです。
明日、後3段積んで仕上げに入ります。
どんな模様にしようかなあ。

193_9381_1.jpg

夕方から本焼きの窯だしでした。
冬に何点か作ってあった作品が出てきました。
一番ドキドキする時です。教えてもらった人形もまあまあいい色に焼けていました。そして黒い粘土で作ったコーヒーペーパー入れがなっかなか素敵に仕上がっていました。地は焼き締め、フクロウだけ織部をつけてありました。そこが浮き上がった感じで気に入りました。
大きい作品もあるのですが、
自転車で通っているので、明日、車で行って持ち帰ります。

20070508151023
昨日の続きです。
床暖房が入っている上、窯に火が入っているので余計に乾燥している室内です。昨日帰るときに、入念に上部にぬれタオルを巻き、ビニールでしっかりカバーをしておきました。
バッチリの硬さでした。
昨日教わったように、3段重ねては均し、更に3段重ねました。
厚みがどうしても均一ではないので、ぴったり中心がとれません。
多少どちらかに傾いている感じがします。
明日、最後の積み上げですがちゃんと崩れないで積めるか、楽しみです。

20070507163235連休が終わった今日は雨。
しっとりと大地が潤っています。
時間にゆとりがある期間です。作陶にでかけました。
ちょうど本焼きの火入れに、先輩のKさんが来ていました。
これはチャンス!
自己流でやろうと思っていた紐作りを教わりました。
紐の作りかた、底の粘土への付け方、積み上げ方・・・。
理にかなったやり方で、なるほどと感心することばかりです。
自己流でやっていたら、明日には崩れていたかも知れません。
1日目は20センチくらい積み上げるといいとのことで、
写真の所までで終わりにしました。

いきなりの大作です。傘立てをつくります。
せっかく練習するのだから、大きいほうが勉強になるかなあ~と。
うまくまっすぐ積めるようになったら、大きな花瓶も作ってみたいと思っています。


193_9344_1.jpgとても暖かな連休でした。
待っていた花の芽が膨らみ、ポッと音がするほどに元気に咲き始めました。東京からの友人夫妻も自宅の庭のチューリップが咲きそうだと、名残惜しそうに帰って行きました。
図書館前にあるこぶしの花です。
青空に白く輝いていました。
193_9346_1.jpg
その図書館の南側にはタンポポが一面に咲いています。
黄色い花は元気をもらえる感じがします。
芝桜公園の花も咲いてきているとか。
観光バスが行き交う頃となりました。
もう少しでピンクの絨毯を敷き詰めたようになりそうです。
お客様や友人、近隣の知り合い等たくさんゆいに来てくださり、
とてもにぎやかな楽しい連休になりました。

193_9330_1.jpg

春のかおり、行者ニンニクをいただきました。
強烈な匂いですが、食べたら病みつきになります。

山岳信仰の行者たちが、荒行に耐える強壮薬として、強いニンニク臭のあるこの草を食べたことから「行者にんにく」の名がつけられたと聞いています。
食べ方はオーソドックスなのがおひたしです。
そしてさっと茹でたものを生醤油につけこんで、刻んでご飯にかけたり冷奴にのせたりして食べます。
にらの代わりに餃子にしてもとても美味しいです。
卵とじもおいしい。
でも、後の匂いはどうでしょうか・・。

今晩はおひたしにしてお客様にお出しします。

連休後半がスタート。
東京の友人と7ヶ月ぶり、
大阪のお客様と1年ぶりに再会しました。
友人は我家の近くに北海道の家を購入し、9月以来のステイです。
大阪のお客様はちょうど1年前にゆいに泊まっていただき、
今年も来てくださいました。
一緒に夕飯のテーブルを囲み、団欒しました。

去年は寒い連休で、摩周湖では霧氷が見られたと感激なさっていました。今年は神の子池を見たいとのこと。
明日、スノーシューをもって、藻琴山で雪山歩きと神の子池散策を楽しんでいただきます。

いいお天気になりますように。

写真が無くて残念ですが、虹を見ました。
こちらに来て大きな虹をよく見ます。
でも、今日のは初めての海に落ちる虹です。

網走に用事があって出かけた帰り、知床半島の方のオホーツク海をふっと見ると、ゆったりとした虹が海に落ちていました。
上の方は雲に覆われていて半円の虹でしたが、海に落ちる虹と言うのもダイナミックできれいでした。運転中のためシャッターチャンスを逸して残念。

その知床に、明日からゆいに泊まるお客さんが行っています。
この虹を見てたらいいなあと思いながら、帰って来ました。

192_9279_1.jpg

毎年5月1日頃は水芭蕉が咲きます。
今年も、綺麗に咲いていました。
今朝は気温がぐんと下がり、マイナス4度にもなっていました。
この霜でやられていないか心配でしたが、めげずに清らかに咲いていました。
ここは網走湖畔の呼人(よびと)というところです。
女満別湖畔にも群生地がありますが、こちらの方が間近に見られます。

193_9307_1.jpg
朝の光を受けてキラキラ輝く水の流れに緑と白が映り、
爽やかな風景でした。
雪融けの頃、フキノトウを探してもうすぐ春だよと実感するように、
水芭蕉を見て5月の訪れを感じます。
桜はこれからですが・・・。

水芭蕉のアルバム http://yuinokaze.cocolog-nifty.com/photos/070501_mizubasyo/

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。